< アオスタ / イタリア >
お知らせ情報


<海外ツアー情報>

初めてのヨーロッパ、海外ツアーなら、ロンドン、パリ、ローマ周遊ツアーなどがおすすめ。 異なる3つの文化、言語圏を旅行することで、ヨーロッパの魅力が堪能できます。


<ミラノのおすすめツアー>

アリタリアで行く
ミラノ5日間ツアー
(往路送迎 + ミラノ万博1日券付き)





<格安航空券情報>

日本からヨーロッパまでの航空券はヨーロッパのどの国でも同じ料金が適用されます。 つまり同じ航空会社の飛行機であれば、成田からパリでも、ニースでも料金は同じ。 但しこれは普通料金の航空券の話。 

観光旅行で良く使われるのは格安航空券で、この航空券には制約が付きます。 一般的には搭乗日の日付が変更できない、または有料になる、無料スーツケースの個数、重量が限定されているなどです。 観光旅行では日程の変更はありませんから、この航空券でも十分使えます。







<ユーレイルパス>

ユーレルパスとはヨーロッパ内の鉄道が乗り放題の周遊券。 日本国内でのみ購入できます。

旅行の範囲が1つの国だけと言う場合は、各国の鉄道周遊券があります。

主に鉄道を使って移動する旅行の場合は、便利で経済的です。





<海外レンタカー予約>

インターネットで海外レンタカーの予約ができます。

ヨーロッパのレンタカー会社は、

バジェット
ハーツ
ヨーロッパカー

などが大手です。







<海外ホテル予約>

インターネットで海外のホテル予約ができます。 オンライン割引料金なので、高級ホテルも格安で予約できます。 ヨーロッパに飛行機が到着する初日のホテルを予約しておけば、気分的にもに安心できます。


<アオスタ、トリノ、ミラノのホテル予約はこちらから>


アオスタのホテル


トリノのホテル


ミラノ市中心部(ミラノ大聖堂 Duomo)のホテル


ナヴォリオ運河付近のホテル


ミラノ中央駅付近のホテル


ミラノ ポルタガリバルディ駅付近のホテル


マルペンサ空港付近のホテル


ミラノ見本市/ミラノ国際博覧会(ミラノ万博)会場付近のホテル



おすすめヨーロッパ

アオスタの所在するアオスタ渓谷は西をフランス、北をスイスと国境を接している風光明媚な山岳地帯です。 4000mを超えるヨーロッパアルプスに囲まれたアオスタ渓谷はフランスとの国境に、ヨーロッパアルプス最高峰のモンブラン(イタリア名:モンテ・ビアンコ)4809m、スイス国境にはマッターホルン(イタリア名:チェルヴィーノ)4478mやアルプスで2番目に高いモンテ・ローザ 4634m(スイス側はゴルナー氷河)、グラン・パラディーゾ 4061mなどのヨーロッパアルプスを代表する名峰で囲まれています。 夏は避暑やアルプスのトレッキング、冬はウインタースポーツを楽しむ観光客で一年中賑わっています。

<アオスタの基本情報>


<交通>


アオスタ渓谷の中心地アオスタまでは鉄道、バスが運行されています。 
州都であるアオスタまではそこそこの交通の便はありますが、山岳地帯は観光地と言っても自然豊かな僻地なので交通の便はあまり良くありません。 時間を有効に活用したいならレンタカーがおすすめです。


トリノから

バスはSademが1日3便(9:50、13:35、17:35)ポルタ・ヌォーバ駅発、ポルタ・スーザ駅経由で運行されています。 アオスタまでの主要時間約2時間。 このバスはアオスタから先、クールマイヨールまで運行されています。

鉄道はイブレア(Ivrea)からアオスタまでが電化されていないので、イブレア(Ivrea)で乗換えが必須になりますが1日16便運行されています。 トリノのポルタ・ヌォーバ駅発またはポルタ・スーザ駅からはキバッソ(Chivasso)とイブレアで2回乗り換える場合とイブレア行きの場合はイブレアで1回乗り換える場合になります。 料金9.45€(片道)、所要時間2〜2.5時間、時刻はTreniItaliaのサイトでご確認下さい。

ミラノから

バスはSavdaがミラノの地下鉄1号線、Lampugnano駅からバスが1日4便(7:15、13:00、17:00、19:15)運行されています。

鉄道はトリノからと同じく、トリノ行きの電車に乗ってキバッソとイブレアで2回乗り換えることになります。
料金、所要時間、時刻はTreniItaliaのサイトでご確認下さい。


 アオスタ渓谷を走るディーゼル気動車


自動車で

・トリノ、ミラノから高速道路A5がアオスタまで通っています。

<<フランスへ>>
・クールマイヨールからモンブラントンネル(有料)を通ってフランスに行くことができます。
・ラ・トゥイールからピッコロ・サン・ベルナルド峠を通ってフランスに行くことができます。(冬季通行止め)

<<スイスへ>>
・アオスタからグラン・サン・ベルナルド峠を通ってスイスに行くことができます。


<注意事項>


山岳気候
4000mを超えるヨーロッパアルプスでは気候の変化は日本の山岳の比ではありません。
ロープウェイで登れるモンブランやマッターホルンは夏でも積雪があります。 また海抜高度が高い為に高山病になりやすいので注意して下さい。
冬は雪崩が多いので、スキー場のゲレンデ外には絶対に出ないようにしてください。



<アオスタの見所>


アオスタの代表的な見所、観光スポット・名所は、

・モンブラン(モンテ・ビアンコ)、クールマイヨール
・マッターホルン(チェルビーノ)
・モンテ・ローザ
・グラン・パラディーゾ、コーニェ
・アオスタ

などがおすすめ所です。

アオスタ渓谷は両側を岩山で囲まれた渓谷でイブレアから谷の奥のクールマイヨールまで続いています。 渓谷の一番奥にあるのがヨーロッパアルプス最高峰のモンブラン(モンテ・ビアンコ)でフランスとの国境になります。

渓谷の途中にある州都のアオスタはローマ帝国時代に造られた街で、凱旋門など各所に遺跡が残っています。  交通の便からアオスタ観光の拠点になる観光都市です。

アオスタ渓谷には渓谷から枝分かれした多くの谷があり、例えばマッターホルン(チェルビーノ)はシャティヨン(Chatillon)からブレウイル(Breuil)に向かう谷に入った谷の突き当たりにあります。

クールマイヨールはモンブラン(モンテ・ビアンコ)の麓の高級リゾートで、モンブラントンネルの下にあるロープウェイ”SKYWAY MONTE BIANCO”でフランス側のシャモニーまで行くことができます。

コーニェはノルディック・スキーで有名な街でグラン・パラディーゾの麓にあり、グラン・パラディーゾ観光の拠点になります。

    
アオスタ渓谷 チェルヴィーノ

アオスタ渓谷は渓谷に入った瞬間からその雄大さに圧倒され続けます。 切り立った岩山が渓谷の両側にそそり立ち、谷底の狭い場所では数百メートルの幅しかありません。 古代から交通の要所であったため、各所にはお城や要塞が数多く存在し、世界中からの観光客で溢れています。

そのようなアオスタ渓谷ですからおすすめヨーロッパがおすすめするのはアオスタ渓谷全て!です。 何処を訪れても、その雄大さに感動すること間違いなしです。 春、夏、秋に訪れて、ハイキング、ピクニック、登山をするもよし、冬に訪れてスキーやウインタースポーツをするもよし、アオスタでゆっくりワインを片手にイタリア料理を堪能するもよし、この雄大な景色は一生の思い出になることでしょう。


フランス 北部 パリ、ベルサイユ、ストラスブルグ
中部 トゥール、モンサンミッシェル
南部 ニース
モンテカルロ
イタリア 北部 ベネチア(ベニス)ミラノトリノアオスタマッジョーレ湖ジェノバ
中部 フィレンツェピサシエナローマ
南部 ナポリシチリア
イギリス スコットランド エジンバラ、インバネス、フォート・ウィリアム、スカイ島
イングランド ロンドン、ドーバー、ブライトン、バース、コッツウォルズ、ストラトフォード・アポン・エイボン、リバプール
ドイツ 旧西ドイツ フランクフルト、ケルン、ハイデルベルグ、ミュンヘン
旧東ドイツ ベルリン、ライプツィッヒ、ドレスデン
スイス ツェエルマット、インターラーケン、ルツェルン
オーストリア ウイーン、ザルツブルグ、インスブルック
スペイン マドリッド、バルセロナ、マラガ、グラナダ、セビリア
ポルトガル リスボン
オランダ アムステルダム、アルクマール、ゴーダ
ベルギー ブリュッセル
ルクセンブルグ ルクセンブルグ、ヴィアダン
スエーデン ストックホルム、キルナ
ノルウエー オスロ、ナルビック、ノルドカップ
フィンランド ヘルシンキ、イナリ、ツルク
デンマーク コペンハーゲン、アルス
アイルランド ダブリン
ギリシャ アテネ、サントリーニ島




アオスタ渓谷(モンブラン)