< マッジョーレ湖 / イタリア >
お知らせ情報


<海外ツアー情報>

初めてのヨーロッパ、海外ツアーなら、ロンドン、パリ、ローマ周遊ツアーなどがおすすめ。 異なる3つの文化、言語圏を旅行することで、ヨーロッパの魅力が堪能できます。


<ミラノのおすすめツアー>

アリタリアで行く
ミラノ5日間ツアー
(往路送迎 + ミラノ万博1日券付き)





<格安航空券情報>

日本からヨーロッパまでの航空券はヨーロッパのどの国でも同じ料金が適用されます。 つまり同じ航空会社の飛行機であれば、成田からパリでも、ニースでも料金は同じ。 但しこれは普通料金の航空券の話。 

観光旅行で良く使われるのは格安航空券で、この航空券には制約が付きます。 一般的には搭乗日の日付が変更できない、または有料になる、無料スーツケースの個数、重量が限定されているなどです。 観光旅行では日程の変更はありませんから、この航空券でも十分使えます。







<ユーレイルパス>

ユーレルパスとはヨーロッパ内の鉄道が乗り放題の周遊券。 日本国内でのみ購入できます。

旅行の範囲が1つの国だけと言う場合は、各国の鉄道周遊券があります。

主に鉄道を使って移動する旅行の場合は、便利で経済的です。





<海外レンタカー予約>

インターネットで海外レンタカーの予約ができます。

ヨーロッパのレンタカー会社は、

バジェット
ハーツ
ヨーロッパカー

などが大手です。





<海外ホテル予約>

インターネットで海外のホテル予約ができます。 オンライン割引料金なので、高級ホテルも格安で予約できます。 ヨーロッパに飛行機が到着する初日のホテルを予約しておけば、気分的にもに安心できます。


<マッジョーレ湖(ストレーザ)、ミラノのホテル予約はこちらから>



マッジョーレ湖のホテル



ミラノ市中心部(ミラノ大聖堂 Duomo)のホテル


ナヴォリオ運河付近のホテル


ミラノ中央駅付近のホテル


ミラノ ポルタガリバルディ駅付近のホテル


マルペンサ空港付近のホテル


ミラノ見本市/ミラノ国際博覧会(ミラノ万博)会場付近のホテル



おすすめヨーロッパ

マッジョーレ湖はその名のとおりイタリア最大の湖で、ミラノの北方、スイスとの国境にまたがって所在します。 マッジョーレ湖が有名なのは、湖に浮かぶ島々の美しさゆえで、観光拠点は湖畔のストレーザになります。 ストレーザからは湖最大のベッラ島、ベッラ島の脇に並ぶスペリオーレ島(ペスカトーリ島)、少し離れたマードレ島に行く観光汽船が出ています。 ベッラ島は宮崎駿作のアニメ、”紅の豚”でマダム・ジーナが経営するホテル・アドリアーノのある島のモデルになった所です。 隣にあるペスカトーリ島にはレストランやホテルが並び世界中から訪れる観光客で賑わっています。

<マッジョーレ湖の基本情報>


<交通>


マッジョーレ湖のストレーザへの交通はミラノから鉄道が便利です。 所要時間は約1時間。

ミラノから
ミラノ中央駅から電車が1日6便、
ミラノ・ガリバルディ駅から1日10便運行されています。
時刻及び運賃はTreniItaliaのサイトでご確認下さい。

またミラノの地下鉄1号線、Lampugnano駅からバスが1日2便(8:15と18:10)運行されています。

マルペンサ空港から
マッジョーレ湖とミラノの間にミラノのマルペンサ空港があるので、マルペンサ空港から鉄道、バスで移動することもできます。 

鉄道は1日8便で、空港からミラノ行きのマルペンサエクスプレスに乗り、途中駅(Busto Arsizio駅)でドモドッソラ(Domodossola)行きに乗り換える必要があります。

バスは4月〜10月の間、Alibusが1日6便(8:30、11:30、13:30、15:30、18:30、21:00)運行されています。 所要時間は1時間で料金12€(片道)。


<マッジョーレ湖の観光汽船>


ストレーザからマッジョーレ湖の島々へは公営観光汽船が運行されています。




ストレーザ駅からマッジョーレ湖に向かって海岸線を右手に行く(ベッラ島が見える方向と反対側)と公営観光汽船乗り場があります。 公営観光汽船は写真のよう大型汽船で料金も安く便数も多いので便利です。

公営観光汽船の時刻・料金表

公営観光汽船はマッジョーレ湖の様々な場所に運航されていますので、行き先を間違えないようにして下さい。 島巡りの観光汽船は一般的にストレーザ <-> ベッラ島 <-> スペリオーレ島(ペスカトーリ島) <-> マードレ島の順に巡回しています。 


<注意事項>


水上タクシーの客引き
マッジョーレ湖の海岸線を公営観光汽船乗り場に向かって歩いていると、水上タクシーの客引きが必ず近寄ってきます。 水上タクシーは高く、時間も不定期ですのでおすすめできません。 客引きが近寄ってきても”ノー、グラッツェ”(No,Thanky you)と言ってかまわない方が賢明です。


盗難
マッジョーレ湖はヨーロッパ、世界中から観光客が押し寄せる観光名所ですから、当然、スリや盗難が多発しているので注意して下さい。 最近はグループで、一人が気を引いている間に、もう一人が財布を抜き取るようなチームプレー犯も出てきていますので注意して下さい。

対策としては、ズボンの後ろポケットにには財布を入れない。 財布、貴重品(パスポート、クレジットカード等)はチャックのついた内ポケットに入れてください。 目の届かないところに貴重品を入れるのは、盗んで下さいと言っているようなものです。



<マッジョーレ湖の見所>


マッジョーレ湖の見所、観光スポット・名所は、

・ベッラ島
・スペリオーレ島(ペスカトーレ島)
・マードレ島
モッタローネ山(ロープウェイ)
・ストレーザ
・アローナ

などがおすすめ所です。

マッジョーレ湖観光のハイライトは湖上の島巡りなので、やはりこの三島は外せません。 ただしマードレ島は少し離れているので、時間のない方はベッラ島とスペリオーレ島(ペスカトーレ島)だけという手もありだと思います。 マードレ島は島全体がボッロメオ家の私有地で館やイギリス庭園が整備されており、島に上陸時に入場料が要ります。 ベッラ島もボッロメオ家の宮殿と美しいバロック庭園(4月〜10月のみ開園)がありこちらも入場料が要りますが、島の散策自体はスペリオーレ島(ペスカトーレ島)と同じく無料です。

十分に時間のある方はロープウェイでモッタローネ山に登れば、眼下にマッジョーレ湖の雄大な景色を望めます。 モッタローネ山に登るロープウェイ乗り場は、海岸線を公営観光汽船乗り場と反対方向(ベッラ島の見える方向)に歩いていくと街の外れに在ります。

あとは湖畔にあるストレーザの街や、マッジョーレ湖の南側に位置する湖畔の街アローナも観光地として有名です。 アローナには、鉄道、バス、公営観光汽船で行くことができます。

    
スペリオーレ島(ペスカトーレ島) マードレ島


当然ですがおすすめヨーロッパがマッジョーレ湖観光でおすすめするのはベッラ島、スペリオーレ島(ペスカトーレ島)、マードレ島です。 これらの島々も十分に美しく魅力的ですが、背後にあるヨーロッパアルプスが重なった風景は絶景としか言いようがありません。 



フランス 北部 パリ、ベルサイユ、ストラスブルグ
中部 トゥール、モンサンミッシェル
南部 ニース
モンテカルロ
イタリア 北部 ベネチア(ベニス)ミラノトリノアオスタマッジョーレ湖ジェノバ
中部 フィレンツェピサシエナローマ
南部 ナポリシチリア
イギリス スコットランド エジンバラ、インバネス、フォート・ウィリアム、スカイ島
イングランド ロンドン、ドーバー、ブライトン、バース、コッツウォルズ、ストラトフォード・アポン・エイボン、リバプール
ドイツ 旧西ドイツ フランクフルト、ケルン、ハイデルベルグ、ミュンヘン
旧東ドイツ ベルリン、ライプツィッヒ、ドレスデン
スイス ツェエルマット、インターラーケン、ルツェルン
オーストリア ウイーン、ザルツブルグ、インスブルック
スペイン マドリッド、バルセロナ、マラガ、グラナダ、セビリア
ポルトガル リスボン
オランダ アムステルダム、アルクマール、ゴーダ
ベルギー ブリュッセル
ルクセンブルグ ルクセンブルグ、ヴィアダン
スエーデン ストックホルム、キルナ
ノルウエー オスロ、ナルビック、ノルドカップ
フィンランド ヘルシンキ、イナリ、ツルク
デンマーク コペンハーゲン、アルス
アイルランド ダブリン
ギリシャ アテネ、サントリーニ島




ベッラ島(ボッロメオ宮殿)