< ピサ / イタリア >
お知らせ情報


<海外ツアー情報>

初めてのヨーロッパ、海外ツアーなら、ロンドン、パリ、ローマ周遊ツアーなどがおすすめ。 異なる3つの文化、言語圏を旅行することで、ヨーロッパの魅力が堪能できます。


<ローマのおすすめ格安ツアー>

羽田発
ローマ6日間ツアー
(往路送迎 +毎日朝食付き)





<格安航空券情報>

日本からヨーロッパまでの航空券はヨーロッパのどの国でも同じ料金が適用されます。 つまり同じ航空会社の飛行機であれば、成田からパリでも、ニースでも料金は同じ。 但しこれは普通料金の航空券の話。 

観光旅行で良く使われるのは格安航空券で、この航空券には制約が付きます。 一般的には搭乗日の日付が変更できない、または有料になる、無料スーツケースの個数、重量が限定されているなどです。 観光旅行では日程の変更はありませんから、この航空券でも十分使えます。







<ユーレイルパス>

ユーレルパスとはヨーロッパ内の鉄道が乗り放題の周遊券。 日本国内でのみ購入できます。

旅行の範囲が1つの国だけと言う場合は、各国の鉄道周遊券があります。

主に鉄道を使って移動する旅行の場合は、便利で経済的です。










<海外レンタカー予約>

インターネットで海外レンタカーの予約ができます。

ヨーロッパのレンタカー会社は、

バジェット
ハーツ
ヨーロッパカー

などが大手です。










<海外ホテル予約>

インターネットで海外のホテル予約ができます。 オンライン割引料金なので、高級ホテルも格安で予約できます。 ヨーロッパに飛行機が到着する初日のホテルを予約しておけば、気分的にもに安心できます。


<ピサのホテル予約はこちらから>



ピサのホテル



おすすめヨーロッパ

ピサの観光名所と言えば絶対に外せないのがピサの斜塔。 実際はピサの斜塔のあるドゥオモ広場には、ピサ大聖堂、洗礼堂、美術館等があり、ピサの斜塔はその鐘楼なのです。 1990から2001年まで斜塔の地盤を強化し、傾きが進行しないようにする工事が実施され、現在は安定しています。 観光客は斜塔の内部の階段を登って屋上に行くことができます。 ただし入場は時間制で人数制限があり、狭い階段を251段登ることになります。 その分最上部からの眺めは格別で、高い建物の無いピサの町並みを堪能できます。

<ピサの基本情報>



<ピサの空港>


ピサの空港はヨーロッパ及びイタリア主要都市からの便が発着するガリレオ・ガリレイ国際空港がピサ市の南側に隣接してあります。 空港からピサ市内へはピア市営バスが運行してます。

・ピサ市営バス(CTT): LAM rossa線、ピサ中央駅経由、ピサの斜塔経由、Park Pietrasantina行き) 
10〜15分間隔 所要時間5分(ピサ中央駅まで)、15分(ピサの斜塔まで) 料金1.2€(70分間有効)





・PISA Mover
空港とピサ中央駅間1.8kmを結ぶ無人シャトル”PISA Mover”が建設中です。 2017年3月に完成して、年内を目処に運行される予定です。


<鉄道で>


鉄道はイタリア新幹線の通っているフィレンツェでローカル線に乗り換えるのが最も速くて便利な方法です。 フィレンツェ、ピサ間はローカル線で急行だと50分〜1時間程度です。 
フィレンツェ、ピサ間の料金は8.4€です。 時刻はTreniItaliaのサイトでご確認下さい。



<市バス>


ピサは小さな街なので市内の移動は市バス(CTT)で十分です。 
ピサで観光客が使うのは空港、中央駅、ピサの斜塔の3ヶ所で、市バスは上記のLAM rossa線と21番の2つの路線が使えます。



料金は市内料金になりますので1.2€で70分間有効(乗り換え自由)です。


購入は町のタバコ屋さんか駅で購入できます。


市バス/市電は乗車時に車内の時刻刻印機で乗車券に時刻を刻印します。 その時間から70分間有効で、その間は乗り換え自由です。
時刻を刻印していない乗車券を持っていても、無賃乗車とみなされますので、必ず時刻の刻印及び刻印時間を確認して下さい。 乗車券に時刻を刻印しない人もいますが、定期券や一日券を使っている人は最初の乗車で時刻を刻印した後は、有効期限日まで自由に乗り降りできます。

ヨーロッパの市バス/市電、鉄道は乗車時に検札がありませんが、検札官が抜き打ちで乗車券の検札を行います。

市バス/市電の乗り方は、停留所で自分の行きたい場所の番号の市バス/市電が近づいてきたら、手を横に出してバス/市電の運転手に知らせます。
手を横に出さないと別の番号のバス/市電を待っていると思われて、バス/市電が通過してしまいます。 降りる時は車内にあるボタンを押して次の停留所で降りたい旨を知らせます。



<ピサの見所>


ピサの見所、観光スポット・名所は、

・ピサの斜塔
・ピサ大聖堂
・ピサ礼拝堂

でこれらは全て”奇跡の広場”と呼ばれるドゥオモ広場にあります。
ピサは小さな街なので、これだけでも十分見ごたえがあります。

また、ピサ周辺には面白い街が沢山あります。

・Lucca(城壁の街)
・Viareggio(カーニバルの街)
・Pontedera(ピアッジオ博物館:べスパの展示)

などの観光スポットがあります。


ルッカ(Lucca)は街の城壁が保存されている小さな街で、城壁内の美しい中世の街を散策するにはもってこいの街です。

ヴィアレッジョ(Viareggio)はカーニバルの街として有名で、夏は美しい海岸が続き、世界中から海水浴客で賑わう海辺の街です。

ポンテデーラ(Pontedera)はスクーターの産みの親、ピアッジオ社の所在地でピアッジオ博物館には元祖スクーターのべスパの歴史が展示されています。 
べスパは映画”ローマの休日”でグレゴリー・ペックがオードリー・ヘプバーンを乗せてローマを案内したスクーターです。


    
城壁の街 Lucca カーニバルの街 Viareggio


ピサでおすすめヨーロッパがおすすめするのはやはりピサの斜塔です。 
但しピサの斜塔に登るためのハードルは低くありません。

ピサの斜塔は内部が251段の階段になっていて屋上に登ることができます。 階段は中世のものが保存されており、そのため狭く、窪みがあり、滑り易いので脚力のないご老人の入場は推奨されておりません。

入場は15分間隔のツアー(1回のツアー時間は35分)になっており毎回の入場人数が制限されています。

安全のため8才以下の子供は入場できません。 18才以下の青年は保護者の同伴が義務化されています。 ハンドバックやスーツケース等の大きな手荷物は持ち込み禁止で、入り口の預かり所で預けて下さい。

入場料は18€で各時間のツアーの残り人数はピサの斜塔のサイトから確認することができます。 

また18才以上であれば、20日から1日前までの間でこの上記のサイトからオンライン予約もできます。 ただし予約時間に遅れた場合は、入場及び払い戻しはできません。

色々と制限がありますが、屋上からの眺めは美しいピサの市街を見渡せて、旅の思い出になります。



フランス 北部 パリ、ベルサイユ、ストラスブルグ
中部 トゥール、モンサンミッシェル
南部 ニース
モンテカルロ
イタリア 北部 ベネチア(ベニス)ミラノトリノアオスタマッジョーレ湖ジェノバ
中部 フィレンツェピサシエナローマ
南部 ナポリシチリア
イギリス スコットランド エジンバラ、インバネス、フォート・ウィリアム、スカイ島
イングランド ロンドン、ドーバー、ブライトン、バース、コッツウォルズ、ストラトフォード・アポン・エイボン、リバプール
ドイツ 旧西ドイツ フランクフルト、ケルン、ハイデルベルグ、ミュンヘン
旧東ドイツ ベルリン、ライプツィッヒ、ドレスデン
スイス ツェエルマット、インターラーケン、ルツェルン
オーストリア ウイーン、ザルツブルグ、インスブルック
スペイン マドリッド、バルセロナ、マラガ、グラナダ、セビリア
ポルトガル リスボン
オランダ アムステルダム、アルクマール、ゴーダ
ベルギー ブリュッセル
ルクセンブルグ ルクセンブルグ、ヴィアダン
スエーデン ストックホルム、キルナ
ノルウエー オスロ、ナルビック、ノルドカップ
フィンランド ヘルシンキ、イナリ、ツルク
デンマーク コペンハーゲン、アルス
アイルランド ダブリン
ギリシャ アテネ、サントリーニ島




ピサの斜塔