< ローマ / イタリア >
お知らせ情報


<海外ツアー情報>

初めてのヨーロッパ、海外ツアーなら、ロンドン、パリ、ローマ周遊ツアーなどがおすすめ。 異なる3つの文化、言語圏を旅行することで、ヨーロッパの魅力が堪能できます。


<ローマのおすすめ格安ツアー>

羽田発
ローマ6日間ツアー
(往路送迎 +毎日朝食付き)





<格安航空券情報>

日本からヨーロッパまでの航空券はヨーロッパのどの国でも同じ料金が適用されます。 つまり同じ航空会社の飛行機であれば、成田からパリでも、ニースでも料金は同じ。 但しこれは普通料金の航空券の話。 

観光旅行で良く使われるのは格安航空券で、この航空券には制約が付きます。 一般的には搭乗日の日付が変更できない、または有料になる、無料スーツケースの個数、重量が限定されているなどです。 観光旅行では日程の変更はありませんから、この航空券でも十分使えます。







<ユーレイルパス>

ユーレルパスとはヨーロッパ内の鉄道が乗り放題の周遊券。 日本国内でのみ購入できます。

旅行の範囲が1つの国だけと言う場合は、各国の鉄道周遊券があります。

主に鉄道を使って移動する旅行の場合は、便利で経済的です。










<海外レンタカー予約>

インターネットで海外レンタカーの予約ができます。

ヨーロッパのレンタカー会社は、

バジェット
ハーツ
ヨーロッパカー

などが大手です。










<海外ホテル予約>

インターネットで海外のホテル予約ができます。 オンライン割引料金なので、高級ホテルも格安で予約できます。 ヨーロッパに飛行機が到着する初日のホテルを予約しておけば、気分的にもに安心できます。


<ローマのホテル予約はこちらから>



テルミニ中央駅付近のホテル
(ローマ市内、空港、郊外への交通の便が良い)


バチカン市国付近のホテル


スペイン階段付近のホテル


トレヴィの泉付近のホテル


ナヴォーナ広場付近のホテル


コロッセオ付近のホテル


レオナルド・ダ・ビンチ空港(フィウミチーノ空港)付近のホテル



おすすめヨーロッパ

ローマの魅力は街中が芸術・美術で溢れていることです。 しかもローマの起源が古代都市ということから、街自体が非常に小じんまりとしています。 地図を見れば一目瞭然ですが、街の中心、ナヴォーナ広場から半径2km以内に全ての観光名所が集まっています。 たぶん芸術・美術の密度と言う点では世界一でしょう。 街中の名もない小さな教会や広場にも芸術・美術で溢れています。 そしてキリスト教の大本山、バチカン市国。 ここには古代からのキリスト教芸術・美術が集約されています。 もう宗教の域を超えた壮大な美術館そのものです。 さらに2015年12月8日から2016年11月20日までジュビレオ/Giubileo(聖年)の巡礼が行われ、バチカン市国では色々な催しが行われる予定です。

<ローマの基本情報>


<ローマの空港>


ローマの空港はヨーロッパ及び国際便の発着するレオナルド・ダ・ビンチ空港(フィウミチーノ空港)と主にLCC(格安航空)の発着するチャンピーノ空港があります。
両空港とも日本語のガイドブックを発行していて、交通アクセス、空港案内等の各種情報を提供しています。

レオナルド・ダ・ビンチ空港(フィウミチーノ空港)ガイドブック(日本語)
チャンピーノ空港ガイドブック(日本語)


アリタリア航空はレオナルド・ダ・ビンチ空港(フィウミチーノ空港)に日本からの直行便を毎日運行しています。


空港からローマ市内へは鉄道と空港バスが運行してます。

・鉄道(レオナルド・エクスプレス:ローマ・テルミニ駅行き直行便)
15〜30分間隔、所要時間32分、料金14€(片道)、115€(10枚綴り券)




・空港バス(T.A.M.):ローマ・テルミニ駅行き) 
30分間隔、所要時間50分、料金4€(テルミニ駅発)、料金5€(空港発)、8€(往復)

・空港バス(TERRAVISION):ローマ・テルミニ駅行き) 
30分間隔、所要時間55分、料金6€(片道)、11€(往復)、オンラインで購入すれば4€(片道)、8€(往復)

・空港バス(SIT BUS SHUTTLE):ローマ・テルミニ駅行き) 
30分間隔、所要時間50分、料金6€(片道)、11€(往復)

です。 


<地下鉄/市バス/市電>


ローマ市内の移動は地下鉄(メトロ)が簡単で便利です。 市バス/市電(トラム)は初めての利用では降りる場所(停留所)がわかりづらいので観光客には難しいかもしれません。
地下鉄は市内各所を網羅しているので、ローマ市内の観光名所は全て地下鉄で移動できます。

ローマ市地下鉄/バス路線図(中心街) : ローマ観光にはこの地図で十分です。

ローマ市地下鉄/バス路線図(市全域)


地下鉄/市バス/市電の乗車券は共通券で、乗車範囲が市内のみの場合は、
1回券が1.5€、
その他、1日券が7€、2日券が12.5€、3日券が18€など。
 
購入は町のタバコ屋さんかメトロの駅で購入できます。
地下鉄は一回の使用(改札を入ってから出るまで)のみ有効、市バス/市電は乗り換え自由で100分間有効です。


市バス/市電は乗車時に車内の時刻刻印機で乗車券に時刻を刻印します。 その時間から100分間有効で、その間は乗り換え自由です。
時刻を刻印していない乗車券を持っていても、無賃乗車とみなされますので、必ず時刻の刻印及び刻印時間を確認して下さい。 乗車券に時刻を刻印しない人もいますが、定期券や一日券を使っている人は最初の乗車で時刻を刻印した後は、有効期限日まで自由に乗り降りできます。

ヨーロッパの市バス/市電、鉄道は乗車時に検札がありませんが、検札官が抜き打ちで乗車券の検札を行います。

市バス/市電の乗り方は、停留所で自分の行きたい場所の番号の市バス/市電が近づいてきたら、手を横に出してバス/市電の運転手に知らせます。
手を横に出さないと別の番号のバス/市電を待っていると思われて、バス/市電が通過してしまいます。 降りる時は車内にあるボタンを押して次の停留所で降りたい旨を知らせます。


<注意事項>


盗難
ローマだけではありませんが、世界中の観光都市では盗難が多発しています。
最近はグループで、一人が気を引いている間に、もう一人が財布を抜き取るようなチームプレー犯も出てきていますので注意して下さい。

対策としては、ズボンの後ろポケットにには財布を入れない。 財布、貴重品(パスポート、クレジットカード等)はチャックのついた内ポケットに入れてください。 目の届かないところに貴重品を入れるのは、盗んで下さいと言っているようなものです。



<ローマの見所>


ローマの見所、観光スポット・名所は、大別すると
・映画”ローマの休日”の名所、
・古代ローマ帝国の遺跡、
・バチカン市国の芸術・美術
になると思います。 この順に観光スポットを列記すると

・スペイン階段・広場
・トレヴィの泉・広場
・真実の口(サンタ・マリア・イン・コスメディン教会)
・ナヴォーナ広場
・コロッセオ
・フォロロマーノ
・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂
・パンテオン
・サンタンジェロ城
・サン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ大聖堂
・バチカン美術館、システィーナ礼拝堂

などが定番観光スポットになります。

以上のような観光スポットが半径2kmの円内に密集しているのがローマという街です。 よってこれらのスポットを訪れるだけなら歩いて1日もあれば十分です。 それは訪れるだけならと言う話です。 当然、各所で色々と鑑賞するわけですが、いずれの場所も内容が濃いだけに1,2時間はかかるでしょう。 とりわけバチカン市国はじっくり見て回るなら1週間は必要です。 

特に人気スポットのバチカン美術館、システィーナ礼拝堂の入場は長蛇の列ができています。 長蛇の列を避けるにはオンライン・チケットを入手するしかありません。 オンライン・チケットはバチカン美術館のサイトから購入できます。


    
バチカン市国 システィーナ礼拝堂(バチカン)


芸術・美術の都ローマでおすすめヨーロッパがおすすめするのはバチカン美術館、システィーナ礼拝堂です。 やはりキリスト教の大本山バチカン市国を訪れなくてはローマを訪れたと言うわけにはいきません。 ただしバチカン市国をゆっくり見て回るだけでも最低1日はかかるので、余裕のある日程を組んで下さい。

あと、時間のある方はローマ市内を歩いて散策することをおすすめします。 芸術。美術の街としては世界一大きな街ですが、物理的には小さな町ですので、あなただけの素晴らしい発見があることでしょう。 ローマとはそのような街です。


フランス 北部 パリ、ベルサイユ、ストラスブルグ
中部 トゥール、モンサンミッシェル
南部 ニース
モンテカルロ
イタリア 北部 ベネチア(ベニス)ミラノトリノアオスタマッジョーレ湖ジェノバ
中部 フィレンツェピサシエナローマ
南部 ナポリシチリア
イギリス スコットランド エジンバラ、インバネス、フォート・ウィリアム、スカイ島
イングランド ロンドン、ドーバー、ブライトン、バース、コッツウォルズ、ストラトフォード・アポン・エイボン、リバプール
ドイツ 旧西ドイツ フランクフルト、ケルン、ハイデルベルグ、ミュンヘン
旧東ドイツ ベルリン、ライプツィッヒ、ドレスデン
スイス ツェエルマット、インターラーケン、ルツェルン
オーストリア ウイーン、ザルツブルグ、インスブルック
スペイン マドリッド、バルセロナ、マラガ、グラナダ、セビリア
ポルトガル リスボン
オランダ アムステルダム、アルクマール、ゴーダ
ベルギー ブリュッセル
ルクセンブルグ ルクセンブルグ、ヴィアダン
スエーデン ストックホルム、キルナ
ノルウエー オスロ、ナルビック、ノルドカップ
フィンランド ヘルシンキ、イナリ、ツルク
デンマーク コペンハーゲン、アルス
アイルランド ダブリン
ギリシャ アテネ、サントリーニ島




トレビの泉