< ベネチア(ベニス) / イタリア >
お知らせ情報



<海外ツアー情報>

初めてのヨーロッパ、海外ツアーなら、ロンドン、パリ、ローマ周遊ツアーなどがおすすめ。 異なる3つの文化、言語圏を旅行することで、ヨーロッパの魅力が堪能できます。



ベネチアのおすすめ海外ツアー








<鉄道>


ローマ、ミラノからベネチアまでの乗車券購入・予約はこちらから。(日本語)


フレッチャ・ロッサ
(トリノ-ミラノ-ベネチア)


フレッチャ・アルジェント
(ローマ-ボローニャ-ベネチア)


フレッチャ・ビアンカ
(トリノ-ミラノ-ベネチア)








<格安航空券情報>


日本からヨーロッパまでの航空券はヨーロッパのどの国でも同じ料金が適用されます。 つまり同じ航空会社の飛行機であれば、成田からパリでも、ニースでも料金は同じ。 但しこれは普通料金の航空券の話。 

観光旅行で良く使われるのは格安航空券で、この航空券には制約が付きます。 一般的には搭乗日の日付が変更できない、または有料になる、無料スーツケースの個数、重量が限定されているなどです。 観光旅行では日程の変更はありませんから、この航空券でも十分使えます。








<海外ホテル予約>

インターネットで海外のホテル予約ができます。 オンライン割引料金なので、高級ホテルも格安で予約できます。 ヨーロッパに飛行機が到着する初日のホテルを予約しておけば、気分的にもに安心できます。


<ベネチアのホテル予約はこちらから。>


世界に名だたる観光地ベネチアのホテルは一般的に割高です。 リーズナブルなホテルは本土側のメストレ駅付近に多くあります。


サン・マルコ広場付近のホテル


サンタ・ルチア駅付近のホテル


リド島のホテル


メストレ駅付近のホテル



おすすめヨーロッパ

鉄道でベネチア(ベニス)に入る場合、イタリア本土側の街、メストレ駅を発車した列車は直ぐに海の中に通った長い連絡路に入ります。 車と鉄道だけの細い連絡路の両側は海。 しかし前は海以外まだ何も見えません。 10分ほどすると突然、前の海に大きな島が見え、まもなく列車はベネチアのサンタ・ルチア駅に到着します。 もうこの時点で旅人はベネチアの魅力にとりつかれます。 そして駅を出ると、そこには目の前に大きな運河が・・・。 そう、ここはベネチア。 車は影も形もありません。 旅人は徒歩かヴァポレットと呼ばれる水上バスで移動することになります。 これがベネチア観光の序曲です。

<ベネチア(ベニス)の基本情報>


<空港バス>


ベネチアのマルコ・ポーロ空港は日本からの直行便はありませんので、ヨーロッパ、イタリアの他の都市から乗り継ぎになります。 空港からベネチアまでは空港バスか水上バスが運行しています。 空港バスはベネチアのローマ広場までで、そこからベネチア島内の移動は水上バスに乗り換える必要があります。

・空港シャトルバス(マルコ・ポーロ空港<−>ベネチア、ローマ広場): 
30分間隔、所要時間20分、料金6€(片道)、11€(往復)

・水上バス(マルコ・ポーロ空港<−>ベネチア、サンタ・マリア・デル・ジリオ(サン・マルコ広場): 
30分間隔、所要時間1時間12分、料金15€(片道)、27€(往復)

です。
水上バスは乗り換えなしでサン・マルコ広場まで行けますが、料金が高く、時間がかかるのが難点。 時間に余裕がある場合や、サン・マルコ広場近くにホテルを取ってある場合は、空港からベネチア気分を味わえるので一考ありかもです。

この他にも、空港からバスでメストレ駅に出て鉄道でベネチアに入る方法もあります。 また空港から水上タクシーでベネチアに入る方法もありますが、料金(100€程度)が高いので、大人数(5人まで乗車可)で利用するなら一考ありかもです。 


<鉄道>


日本からの飛行機が到着するローマからはフレッチャ・アルジェント号、ミラノからはフレッチャ・ロッサ号、フレッチャ・ビカンカ号がベネチアまで運行されています。 フレッチャ・アルジェントはローマからボローニャまで高速鉄道線、ボローニャからベネチアまで在来線を走る特急列車で、フレッチャ・ビアンカはミラノからベネチアまで在来線を走る特急列車です。  イタリア新幹線フレッチャ・ロッサはミラノ - ベネチア間の在来線区間も運行されるようになり、トリノ、ミラノからのベネチア観光が大変便利になりました。


フレッチャ・アルジェント : ローマ(テルミニ駅)/ナポリ <-> ベネチア(サンタ・ルチア駅)
午前中1時間間隔、所要時間3時間45分、料金64€から(片道)




フレッチャ・ビアンカ : ミラノ(中央駅)/トリノ <-> ベネチア(サンタ・ルチア駅)
午前中1時間間隔、所要時間2時間35分、料金30€から(片道)





<水上バス/水上タクシー/ゴンドラ>


ベネチア島での移動手段は徒歩以外、水上バス、水上タクシー、ゴンドラ以外ありません。
水上バスの路線図は下のリンクからダウンロードして下さい。

水上バス路線図

水上バスの乗車券は60分有効の
1回券が7€、
1日券が20€などがあります。 (2日、3日券などもあります)

購入は水上バスの大きな発着所(サンタ・ルチア駅やサン・マルコ広場)で購入できます。 乗車券は非接触型のカード(スイカ等と同じ)で乗船前に改札機にあてて乗車券を有効にします。 乗車券は購入して持っているだけではダメで改札機で有効にしないと無賃乗車とみなされます。 改札機に未使用の乗車券をあてると、ピッっと音がして、時刻が表示されます。 1回券の場合、その時刻から60分間有効になります。

水上タクシーやゴンドラは乗る前に行き先を告げて値段の交渉をしてから乗船して下さい。 観光ゴンドラはコースや時間によって異なりますが、1隻(6人乗り)で30〜40分、80€程度が相場です。 交渉が苦手ならホテルで取ってもらうという手もあります。 



<注意事項>


盗難
ベネチアだけではありませんが、世界中の観光都市では盗難が多発しています。
最近はグループで、一人が気を引いている間に、もう一人が財布を抜き取るようなチームプレー犯も出てきていますので注意して下さい。

対策としては、ズボンの後ろポケットにには財布を入れない。 財布、貴重品(パスポート、クレジットカード等)はチャックのついた内ポケットに入れてください。 目の届かないところに貴重品を入れるのは、盗んで下さいと言っているようなものです。


浸水
ベネチアは干潟に丸太を打ち込んで作られた人工島です。 しかし近年、地盤沈下のため大潮がくると水没するという問題を抱えています。 特に冬場は水位が上昇してサンマルコ広場などが水没する可能性もあります。 旅行の日程が決まったら、ベネチア市のホームページの水位情報とライブカメラで状況を確認することをおすすめします。 せっかくの旅行が台無しになってしまいますから。

ベネチア市のホームページ

ベネチアの水位情報 : 水位80cmまでは通常。 80cm以上で水没が始まります。

ベネチア市のライブカメラ(WEBカム)



<ベネチア(ベニス)の見所>


ベネチア(ベニス)の見所、観光スポット・名所は一般的に、

・サン・マルコ広場(サンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿、鐘楼、コッレール博物館)
・リアルト橋
・アカデミア美術館
・サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会
・ムラーノ島
・リド島

などがおすすめ所です。

とは言っても、ベネチアの街(島)自体が全て見所なので、島をブラブラ歩くことがおすすめヨーロッパのおすすめです。 まずはサンタ・ルチア駅からサン・マルコ広場まで歩いてみましょう。 中世の町並みや小さな運河を見ながら途中、リアルト橋を渡って小一時間も歩けばサン・マルコ広場に到着です。

時間と体力に余裕のある方は、さらにサン・マルコ広場の奥に入ってみましょう。 迷路のような道を進むとベネチアの地元の方が住む居住地域に入ります。 細い道に小さな運河や橋など、まさにここはおとぎの国です。 名もない教会からはパイプオルガンの曲が流れてきたりします。 

注意点は、先ほど迷路のようなと書きましたが、この地区の道はまさに迷路なので、間単に道を見失います。 運河に突き当たって行き止まりの道が多いのでサンマルコ広場に戻るには時間がかかります。



    
カナル・グランデ(大運河) ベネチアの運河


サンマルコ広場からの帰りはヴァポレット(水上バス)でサンタ・ルチア駅までカナル・グランデ(大運河)を堪能しましょう。



フランス 北部 パリ、ベルサイユ、ストラスブルグ
中部 トゥール、モンサンミッシェル
南部 ニース
モンテカルロ
イタリア 北部 ベネチア(ベニス)ミラノトリノアオスタマッジョーレ湖ジェノバ
中部 フィレンツェピサシエナローマ
南部 ナポリシチリア
イギリス スコットランド エジンバラ、インバネス、フォート・ウィリアム、スカイ島
イングランド ロンドン、ドーバー、ブライトン、バース、コッツウォルズ、ストラトフォード・アポン・エイボン、リバプール
ドイツ 旧西ドイツ フランクフルト、ケルン、ハイデルベルグ、ミュンヘン
旧東ドイツ ベルリン、ライプツィッヒ、ドレスデン
スイス ツェエルマット、インターラーケン、ルツェルン
オーストリア ウイーン、ザルツブルグ、インスブルック
スペイン マドリッド、バルセロナ、マラガ、グラナダ、セビリア
ポルトガル リスボン
オランダ アムステルダム、アルクマール、ゴーダ
ベルギー ブリュッセル
ルクセンブルグ ルクセンブルグ、ヴィアダン
スエーデン ストックホルム、キルナ
ノルウエー オスロ、ナルビック、ノルドカップ
フィンランド ヘルシンキ、イナリ、ツルク
デンマーク コペンハーゲン、アルス
アイルランド ダブリン
ギリシャ アテネ、サントリーニ島




サンタ・ルチア駅