< ベルサイユ / フランス >
お知らせ情報


<海外ツアー情報>

初めてのヨーロッパ、海外ツアーなら、ロンドン、パリ、ローマ周遊ツアーなどがおすすめ。 異なる3つの文化、言語圏を旅行することで、ヨーロッパの魅力が堪能できます。



パリ(フランス)のおすすめ海外ツアー





<格安航空券情報>

日本からヨーロッパまでの航空券はヨーロッパのどの国でも同じ料金が適用されます。 つまり同じ航空会社の飛行機であれば、成田からパリでも、ニースでも料金は同じ。 但しこれは普通料金の航空券の話。 

観光旅行で良く使われるのは格安航空券で、この航空券には制約が付きます。 一般的には搭乗日の日付が変更できない、または有料になる、無料スーツケースの個数、重量が限定されているなどです。 観光旅行では日程の変更はありませんから、この航空券でも十分使えます。


パリ行きの格安航空券検索





<ユーレイルパス>

ユーレルパスとはヨーロッパ内の鉄道が乗り放題の周遊券。 日本国内でのみ購入できます。

旅行の範囲が1つの国だけと言う場合は、各国の鉄道周遊券があります。

主に鉄道を使って移動する旅行の場合は、便利で経済的です。








<海外ホテル予約>

インターネットで海外のホテル予約ができます。 オンライン割引料金なので、高級ホテルも格安で予約できます。 ヨーロッパに飛行機が到着する初日のホテルを予約しておけば、気分的にもに安心できます。



<パリのホテルの予約はこちらから。>

エッフェル塔、オルセー博物館近くのホテル


モンマルトル、サクレ・クール寺院近くのホテル


シテ島、サンルイ島付近のホテル


シャルル・ド・ゴール空港付近のホテル



おすすめヨーロッパ

ベルサイユ(ヴェルサイユ)はパリ近郊の都市で、ベルサイユ宮殿(ヴェルサイユ宮殿)が所在することで有名。 この世界遺産にも登録された宮殿は、15世紀にルイ13世の狩猟館として建てられ、ルイ14世により現在の様式に建造された。 この壮大なバロック建築の宮殿は、金を使った豪華絢爛な内装と、広大な庭園が当時の貴族の栄華を物語っている。 特に庭園の噴水は、この庭園のために大規模治水工事により完成された噴水庭園として有名で、当時の王政の権威の象徴であった。

<ベルサイユの基本情報>


<空港バス>


パリ、シャルル・ド・ゴール空港から市内までの移動は空港バス(エールフランスバス、ロアシーバス)、鉄道、市営バスが運行されています。 パリ市内まで直通で行ける点や荷物(スーツケース)を考慮すると、空港バスの利用がおすすめです。

空港バスは
・エールフランスバス(シャルル・ド・ゴール空港<−>凱旋門): 
30分間隔、所要時間1時間、料金17€(片道)、29€(往復)

・ロアシーバス(シャルル・ド・ゴール空港<−>オペラ座): 
15分間隔、所要時間1時間、料金11€(片道)

  ロアシーバス乗り場

  <シャルル・ド・ゴール空港>
    ターミナル1 : ゲート24番(出発階)
    ターミナル2A、2C : ゲートA9番(出発階)
    ターミナル2B、2D : ゲートD11番(出発階)
    ターミナル2F、2E : ターミナル2Fと2Eの連絡通路(到着階)

  <パリ市内>
    オペラ座の横側 : Rue Scribe

ロアシーバスはパリ市営バスなので荷物の載せ降ろしは各自負担なので、荷物の多い方はエールフランスバスの方が便利です。 乗車券は乗り場にある自動販売機かバス運転手から直接購入できます。
平日の夕方はパリ市内及び高速道路が停滞し時間がかかることがありますので余裕を持ったスケジュールでご利用下さい。


<地下鉄/市バス>


パリ市内の移動は地下鉄(メトロ)が簡単で便利です。 市バスは初めての利用では降りる場所(停留所)がわかりづらいので観光客には難しいかもしれません。
地下鉄は市内各所を網羅しているので、パリ市内の観光名所は全て地下鉄で移動できます。

パリ観光マップ&地下鉄路線図 (パリ市交通局発行/英語)

地下鉄/市バスの乗車券は共通券で、乗車範囲が市内のみの場合は、
1回券が1.8€、(1/1/2015改定)
10枚綴り券が14.1€、
一日券(Mobilis 1-2:ゾーン1と2でパリ市内の観光はこれでOKです)が7€などがあります。
 
購入はメトロ駅の自動販売機、または町のタバコ屋さんやキオスクで購入できます。
地下鉄は一回の使用(改札を入ってから出るまで)のみ有効、市バスは乗り換え自由で90分間有効です。

地下鉄は切符を自動改札機に入れると改札ドアが開き、切符が出てきます。(日本と同じ) 駅から出る時は自動/半自動ドアが開いて駅の外に出れます。 古い車両のドアは半自動で電車が停止したらドアにあるレバーを引き上げるとドアが開きます。 新しい車両の地下鉄は自動でドアが開閉します。(日本と同じ)

市バスは乗車時に車内の時刻刻印機で乗車券に時刻を刻印します。 その時間から90分間有効で、その間は乗り換え自由です。
時刻を刻印していない乗車券を持っていても、無賃乗車とみなされますので、必ず時刻の刻印及び刻印時間を確認して下さい。 乗車券に時刻を刻印しない人もいますが、定期券や一日券を使っている人は最初の乗車で時刻を刻印した後は、有効期限日まで自由に乗り降りできます。

ヨーロッパの市バス、鉄道は乗車時に検札がありませんが、検札官が抜き打ちで乗車券の検札を行います。

市バスの乗り方は、停留所で自分の行きたい場所の番号の市バスが近づいてきたら、手を横に出してバスの運転手に知らせます。
手を横に出さないと別の番号のバスを待っていると思われて、バスが通過してしまいます。 降りる時は車内にあるボタンを押して次の停留所で降りたい旨を知らせます。


<レストラン>


フランスの首都で世界に名だたる観光地、美食の街としても有名。 パリには美味しいレストランが無数にあります。 しかし物価の高さもそれに比例しています。 小さなレストランでも昼の定食は20ユーロ程度します。 パリで有名なのが、魚介類。 特に牡蠣が有名です。 パリは内陸なのですが、フランス中の魚介類はパリに集まるらしく、一年中新鮮な生牡蠣や貝類が食せます。 高級レストランには、シーフードバーが併設されているのが常です。

    

如何に美味しいフランス料理でも、毎日食べると飽きてくるし、食費も相当なものになります。 幸いフランス、パリにはヨーロッパ有数の日本食の街でもあります。 オペラ座とルーブル美術館の間にあるRue Sainte-Anneは日本食レストランや日本食品店がずらりと並ぶヨーロッパ最大級の日本食通りです。 (最寄駅はメトロ3号線Quatre-Septembre駅ですが、オペラ座やルーブル美術館からでも徒歩で行けます。) さらに嬉しいことに日本食レストランでもフランス料理より安いことです。 これはオーナーに中国人が多いためのようです。


<注意事項>


パリだけではありませんが、世界中の観光都市では盗難が多発しています。
最近はグループで、一人が気を引いている間に、もう一人が財布を抜き取るようなチームプレー犯も出てきていますので注意して下さい。

対策としては、ズボンの後ろポケットにには財布を入れない。 財布、貴重品(パスポート、クレジットカード等)はチャックのついた内ポケットに入れてください。 目の届かないところに貴重品を入れるのは、盗んで下さいと言っているようなものです。

地下鉄やバスの車内は要注意です。 銀行のキャッシュディスペンサーでお金を引き出した時は、スリが周りに隠れていると思ってください。 財布を無用心なところに入れた場合、スリはあなたにターゲットに定め、後をつけ隙を見て犯行してきます。



<ベルサイユの見所>


パリの見所、観光スポット・名所は一杯あリますが、

・凱旋門からシャンゼリゼ通り
・ルーブル美術館
・オルセー美術館
・ノートルダム大聖堂とシテ島、サンルイ島
・エッフェル塔
・モンマルトルの丘

などがおすすめ所です。

凱旋門からシャンゼリゼ通り、ルーブル美術館、ノートルダム大聖堂、サンルイ島は直線で続いているので、基本的な観光ルートが大変分かり易いのも特徴です。 その他のオプションとして、セーヌ川対岸のオルセー美術館、少し離れてエッフェル塔。 セーヌ川とは反対に少し離れてモンマルトルの丘になります。

観光旅行ではあまり美術に関心のない方でも美術館には良く訪れます。 有名なルーブル美術館は美術品展示量が世界最大級の美術館で、全てを見て回るには1日では不可能です。 ルーブル美術館の看板であるミロのビーナスやモナ・リザを見ておしまいでは勿体ない。 でもミロのビーナスもモナ・リザもイタリアの美術作品です。 そこでおすすめヨーロッパがおすすめするのは、19世紀にフランスで開花した印象派の巨匠、セザンヌ、モネ、ルノワールなどの作品展示が多いオルセー美術館です。 


       
オルセー美術館 オルセー美術館


下の写真はモンマルトルの丘に立つサクレ・クール寺院。 モンマルトル周辺は19世紀に印象派の画家達が活躍した地域で、サクレ・クール寺院からほど近いテアトル広場は今でも芸術家が数多く集う場所です。 正に芸術のフランスはここに有りといった地域です。


    
モンマルトル(サクレ・クール寺院) テアトル広場




フランス 北部 パリベルサイユストラスブルグ
中部 トゥールモンサンミッシェル
南部 ニース
モンテカルロ
イタリア 北部 ベネチア(ベニス)、ミラノ、トリノ、アオスタ、マッジョーレ湖、ジェノバ
中部 フィレンツェ、ピサ、シエナ、ローマ
南部 ナポリ、シチリア
イギリス スコットランド エジンバラ、インバネス、フォート・ウィリアム、スカイ島
イングランド ロンドン、ドーバー、ブライトン、バース、コッツウォルズ、ストラトフォード・アポン・エイボン、リバプール
ドイツ 旧西ドイツ フランクフルト、ケルン、ハイデルベルグ、ミュンヘン
旧東ドイツ ベルリン、ライプツィッヒ、ドレスデン
スイス ツェエルマット、インターラーケン、ルツェルン
オーストリア ウイーン、ザルツブルグ、インスブルック
スペイン マドリッド、バルセロナ、マラガ、グラナダ、セビリア
ポルトガル リスボン
オランダ アムステルダム、アルクマール、ゴーダ
ベルギー ブリュッセル
ルクセンブルグ ルクセンブルグ、ヴィアダン
スエーデン ストックホルム、キルナ
ノルウエー オスロ、ナルビック、ノルドカップ
フィンランド ヘルシンキ、イナリ、ツルク
デンマーク コペンハーゲン、アルス
アイルランド ダブリン
ギリシャ アテネ、サントリーニ島




ベルサイユ宮殿
(ヴェルサイユ宮殿)